業務案内

CASE
5

老朽設備を一新することで、
自動化で手間を省き、行政指導もクリア!

金属関係 金属メッキ加工会社様

金属メッキ加工会社さまの既設排水処理設備のリニューアル案件で

①設備老朽化
②設備自動化
③地下原水槽方式の見直し(行政より指示)
以上が見直し案件でした。
既設の排水処理設備は、工場生産設備により時間帯で排水量が変わってしまい、 それを地下原水槽に貯留。設備が老朽化していた為、オペレーターが都度、手動処理をしていました。 弊社が設置しました新設排水処理設備は、原水槽を地上化、各処理工程を自動化、オペレーターは毎日、運転開始時、運転中、運転停止時の一日に3回、排水処理設備の運転確認のみを行うだけで運用されています。