業務案内

CASE
8

火災による消火放水処理コストを産廃処理の
1/2で解決!

その他 金属メーカーさま 

鉄鋼素材を取り扱う工場が火災にあい、
消火放水による水が工場内地下槽に滞留し、処分に困っておられました。

鉄鋼素材を取り扱う工場が火災にあい、消火放水による水が工場内地下槽に滞留し、処分に困っておられました。産業廃棄物処理業者の見積によると、排水量が約2,000m³と大量であり、算出費用が数千万円との事でした。処理費用が大きい為、何か方法はないかと企業さまより相談があり、処理テストを行ったところ処理可能の結果により、製作納入をさせて頂きました。コストは約1/2で納入することができました。