業務案内

用途に応じた用水を提供します

飲用水

水道水、湧き水、流水、井戸水などを
飲用に適した安全な水質に!

飲料水は、病原微生物や、有毒物質を含まない、無味・無臭・透明であり、水道水、湧き水、流水、井戸水などです。 飲用を目的として給水する水道水については水道法で51項目の水道水質基準が定められており、水道事業者はこの基準に適合した水を供給しなければなりません。 しかし、個人所有の井戸水等の水質基準については、法的に定められていません。 弊社では、安全で安心な水質の安定供給をするために、必要な装置を開発設置します。 通常では除去しにくい物質などの高度処理も実現します。

井戸水飲料化プラントのフロー例

※これは一例です。原水水質によって適切な装置の組み合わせ、処理用法が変わります。

雑用水

懸濁物質を循環ろ過。
微量の酸化鉄も除去し、クリーンで安全な水質に!

雑用水は、散水、工場製品洗浄水、トイレの洗浄水など、飲用目的でないものを指します。 水道代の削減や環境への配慮から、雑用水に雨水や井戸水、再生水などを利用されることが増えています。

純水

精密機器の基盤洗浄のために、
不純物の極めて少ない「純水」「超純水」を創る。

純水は、「水以外の物質(カルシウム、ナトリウム等や溶けずに存在している物質)がほとんどない水」のことを指します。 取り除く方法により、イオン交換水、RO水、蒸留水などと呼ばれます。 主な用途は、半導体などの電子部品や電子回路の基盤、液晶パネルに使うガラスなどの製造、食品や飲料、医薬品、 ボイラーや加湿器、微細なノズル、水性鉛蓄電池の電解液、コンタクトレンズの洗浄液などに使用されます。

純水使用プラントのフロー例

※これは一例です。原水水質によって適切な装置の組み合わせ、処理用法が変わります。